K-Culture × cloline

Start from BTS

2013年創業、SONSHINBALは韓国語で「手作り靴」の意味をもつオーダーメイドシューズブランドです。
SONSHINBALの商品は直営のSONSHINBAL Factoryで製作され、全て自社オリジナル。
デザインから開発、品質管理まですべての過程にこだわることで高品質を実現します。
SONSHINBALの多様なシューズをお楽しみください。


SONSHINBALを見る

The Voyage

BEGIN THE VOYAGE

IN-DIVIDUAL

ご購入はこちら

2020年ローンチの新進気鋭ブランドでありながら、 1年足らずで韓国国内セレブリティの衣装提供を行うなど、 勢いのあるブランド。 デザイナーがこだわる、“新しい” “面白い” “個性的” “上品“が凝縮された、 目を引く変形のテーラードジャケットたちが特に印象的。 被りを避けながら個性的なスタイリングをしたい人にとっては この上なく好都合なアイテムを揃えている。


MYUNG ATELIERを見る

NEASEは、Navy at EASEの意味を持つ、ネイビーカラーを中心とした カジュアルでありながら高品質のファッション、ライフスタイルアイテムを展開するブランド。 アメリカンカジュアルウェア、そして日常の様々な素敵なMoodからインスピレーションを受けて始まった。 素材、ディテールにこだわりながらも、機能的で楽なスタイルを追求している。


NEASEを見る

ウェスタンカルチャーを基盤とした、レディースアイテムを展開するブランド。 バロック、ルネサンスなどの西洋インスピレーションのデザインをトレンドに合わせて再解釈している。


media(82)を見る

2016年ローンチのクリエイターズ”ポーチ”ブランド。 ウィットを感じるファンキーなデザインが特徴。 単に必要な物をしまっておく機能としてのポーチではなく、 積極的にバッグから取り出したくなるファッションアイテムを提供してくれる。


heymisstataを見る

ars=芸術 / contact=接点 美しさを人間が表現する手段は芸術であり、そこに到達したいという思いを込めて名付けられたブランド。 基本に忠実で優れたディテールで、トレンドだけに流されず自分だけのこだわりの着こなしを完成させられる。


ars contactを見る

2011年、自らクリエーティブディレクターを努めるオ・ギュファン氏によって創業。
ジャンルを問わないファッション知識を持ちながらも、自らのこだわりを前面に出して制作している自社製品や、 優雅な雰囲気を漂わせながら、綺麗で上品にまとめあげる、絶妙な組み合わせのコーディネート提案が魅力的。


LUIREを見る

LCF (London College of Fashion)を卒業したデザイナーであるチョン・テウ氏による、自身の名前が由来となっているブランド。
若さと過去の感性を同時に持ち、定型化されたものに反して、新しい表現を試みる。
アイテムそのもののデザインのみならず全てのクリエイティブにおいて、トレンドよりも自身のこだわりを盛り込んでいる。


TAEWOOを見る

2017年韓国で生まれたハンドクラフトブランド。
「何であろうと、感じ取ってもらいたい」という哲学を可能にする独自の定義で、 脱構築主義を追求し、ストーリーラインを展開する。


Argothを見る

Instagram

clothes the line , "cloline"

「衣服で国境を越える」


clolineは、「クリエイティビティ」を軸に

新進気鋭な韓国クリエイターの

D2Cブランドを取り扱う

オンラインセレクトショップです。

クリエイターの想いやストーリーを重視し、

クリエイター自身の言葉を引用することで、

商品へのこだわりを、そのままお伝えします。

ぜひ、彼らの世界観をお楽しみください。



clothes the line , cross the line .

cloline